ブログ 中国語 中国語検定 中国語学習 検定 資格 中国 上海

中国語は全く初心者の私。中国語検定をめざして勉強しています!のんびり準4級からはじめて、一緒に1級合格まで頑張りましょう!   上海なな子
by chuken_2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
中検受験
中国語一般
中国語の勉強一般
試験勉強
試験対策ツール
シンガポールでの中国語
中国旅行
今日の学習
その他
未分類
以前の記事
2006年 11月
2006年 04月
2006年 03月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
<LINK - リンク>
中国留学記

ALA! 中国
最新のトラックバック
中国語検定情報満載
from 資格試験ナビ資格試験情報満載
無料楽曲配信のオススメ情..
from 無料楽曲配信サイト オススメ..
1日30分中国語勉強法
from 1日30分中国語勉強法
dwwecjm
from dwwecjm
東京 レストラン ローリーズ
from 格安航空券で行く海外旅行【格..
めざせリスニング満点!
from スーパーエルマーでTOEIC..
楽しいシャドーイング
from 私の英語学習記
スーパーエルマーの効果的..
from スーパーエルマーでTOEIC..
意外と知られていなかった..
from トラベラーズチェックおまかせ!
日本人には聞こえない音がある
from TOEICハイスコアラーの英語
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リスニングの練習
毎日リスニングの練習というか、耳を慣らすために、テレビで中国語の番組をみています。
朝の支度をしながら、ニュースをみたり、韓国や日本の番組を中国語の吹き替えにして放送しているのをみたりしています。

ニュースの方は、やはり難しく、聞いていても殆ど分からないのですが、字幕やタイトルからニュース内容を想像しながら聞いています。

ドラマの方は、やっと最近韓国ドラマが最終回をむかえ、今度は日本のドラマが始まりました。
こちらは、ストリーを知っているので、なんとかついて行っていますが、やはり、なかなか聞き取れません。
ドラマの方が、会話なので、一文一文が短く、ニュースよりは分かりやすいですが・・・。

更に、私のiPodは、殆どが中国語のCDです。
NHKのラジオ講座とか、中国語検定試験のリスニングの過去問とか・・・。

さて今日は、試験前の最後の中国語のレッスンの日。

あと数日ですが、試験まで頑張ります。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-24 09:58 | 中国語の勉強一般
同僚とのランチでの会話
今日は同僚3人と、飲茶ランチ。
話題は私の日曜日の試験から、試験の内容についてに、自然に移行。

私が声調のところが苦手というと、3人とも、そろって『私もだめ!』とのこと。
それでも、みんな毎日中国語話してるんですものねえ・・・。

まあ、100点取らなくても受かるんだから、声調全滅でも、他でカバーすればいいか・・・と思いながら、シンガポール版マンダリン、マレー語、福建語、広東語の混じる会話を聞いていると、もちろん、全然分からなくて、リスニングの問題にも自信をなくしてきたランチでした。(笑)
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-22 17:35 | シンガポールでの中国語
試験まであと1週間
とうとう今週の日曜日が試験になりました。

あいかわらず、『把』と『得』の文で苦労しています。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-21 10:16 | 中検受験
模擬試験
中検の問題集を手当たり次第にやっています。(笑)

シンガポールで買うと、1冊S$50くらいします。かなり高い・・・。
でも、背に腹はかえられませんから、必死です。(笑)

各問題集には、後ろの方に必ず模擬試験問題がついていますが、これが難しい。
やはり、『簡単すぎる』とクレームがでては困るので、少し難しめに作っているのでしょうか?
それともそう思っているのは私だけ・・・?

相変わらず声調の問題はさっぱりできません。
リスニングの問題が、だいたい90-95点くらい取れるというのに、筆記問題にでてくる声調の問題は半分もできません・・・。

とりあえず他の文法問題でカバーして、ぎりぎり合格ラインくらいの点数は取れるのですが、これではまるで神頼み・・・。当日問題が易しめなら、ぎりぎり合格、難しめなら、残念ながら不合格・・・といったレベルです。

声調、ピンインのところで、もうちょっと点数が確認ができるといいんですけどね。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-16 12:01 | 試験勉強
受験票がきました
さて、シンガポールに戻ってきましたので、27日の中国語検定に向けて、また勉強の再開です。

といっても、ホリデーのはずの旅行では、通常よりもずっと中国語の勉強をしていたようなものですが・・・。
また試験対策というのは別ですからねえ。

無事受験票も届きました。
準4級と4級の併願です。

27日は午前に準4級、午後に4級と、丸一日試験です。

もう余り時間もないので、少しあせってきました。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-15 11:58 | 中検受験
北京その4
a0039134_11521277.jpg

北京の街には、まだあちこちに胡同とよばれる、古い町並みが残っています。
王府井のあたりの賑わいがうそのようです。

后海のあたりの胡同は、かなり観光地化が進んでいて、リキシャの勧誘がうるさくて、ゆっくりあることもできないくらいですが、まだまだそうでないところも沢山残っています。
とくに瑠璃街のあたりの胡同は、普通の住宅街のようで、のんびり散策するにはお勧めです。

北京は大気汚染がとにかくひどく、こんなところで本当にオリンピックをやっても大丈夫なのかと、ちょっと心配になりました。

シンガポールに帰ってから聞いたところによると、私たちが北京にいた頃は、北京でもいつもにましてひどい時期ではあったようですが・・・。

それはそうと、中国に滞在中、ずっと風邪をひいていたので、薬局には随分お世話になりました。
もちろん薬局の人は殆ど英語ができません。
ここでも、かなり中国語のレッスンをただで受けさせてもらってきました。(笑)
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-14 11:51 | 中国旅行
北京その3
a0039134_11383473.jpg
もちろん北京では、北京ダックを食べてきました。

北京では一番有名だという北京ダックのレストラン。あちこちに支店もある大型チェーン店。
北京ダックをオーダーすると、テーブルのところでカットしてくれます。

最少オーダーは半羽から。ふたりで半羽は多いかと心配しましたが、問題なくおなかに収まりました。(笑)

北京ダックはかわだけ食べるものと思っていましたが、北京の人はみも食べるようです。
北京ダックのカットの仕方には3種類あるとかなんとか、最初に説明がありました。
部分的に、かわのところだけカットし、あとは、かわとみを一緒に薄く削ぎ切りにしていました。
3種類っていってたのに、2種類だったような・・・。

美味しかったです。
a0039134_11433056.jpg

夜店の屋台街では、こんなものも沢山ならんでいました。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-13 11:37 | 中国旅行
北京その2
a0039134_112942100.jpg
故宮も天安門広場も、もう本当に広くて、まさしく『これぞ中国!』という感じでした。

相変わらず、ここでも、右も左も中国人の団体旅行客。

北京では、ホテルの周りに偽ローレックスを売るおじさんがたむろしていることも無く、上海に比べて、ちょっと閑散とした感じ。
それもこれも『広い』からなんですが・・・。

北京で泊まった、こちらも由緒ある『北京飯店』は、あまりに広くてびっくり。

a0039134_11321223.jpg

故宮の中にもスターバックスを発見。
こちらは、スターバックスもかなりレトロな感じ。
お土産やさんの一角の小さなスペースで営業しているのですが、大繁盛でした。

スターバックスを中国語で星巴克珈琲というとことを、ここで覚えていたのが、あとで何度か訳に立ちました。

というのも、路を人に聞くと、『その先に星巴克珈琲があるから、そこを右に曲がって・・・』なんてことが2度ほどあったのです。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-12 11:27 | 中国旅行
北京その1
a0039134_11235618.jpg
北京といえば、やはりハイライトは万里の長城でしょう。

俗に男坂と呼ばれる方の、一番賑やかな方の坂に挑戦しましたが、上にたどり着くまでに、2度も座り込んでしまいました。(笑)

北京は上海よりも空気が汚れていて、万里の長城の方まで来て、ようやく青い空をみることができました。

帰りにはお決まりのコース、明の十三稜により、途中お土産をいっぱい買って、ホテルへ。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-11 11:22 | 中国旅行
上海その3
a0039134_1118421.jpg

上海では、リニアモータカーにも乗りました。
最高時速431km!
乗っていても、かなり速いのが体で感じられます。

一日ツアーで周荘にも行きました。
ここは水郷の街の中でも、一番観光地化が進んでいるところのようです。
上海自体はかなり都会の街なので、周荘に行ってはじめて、『あー中国に来た!』という感じがしました。
観光客といっても、外国人より、中国各地から来ている団体旅行の方が多く、飛び交う言葉はまさに『右を向いても、左を向いても中国語!』

上海は夜景もきれいでしたよ。
東方珍珠塔など、SF映画にでてくるような建物が多かったのも印象的でした。
[PR]
# by chuken_2005 | 2005-11-10 11:17 | 中国旅行